綺麗な足元

ホテルに限定したデリヘルの防犯意識

寝転んでいる女性

デリヘルでは働くデリヘル嬢たちをトラブルから守るため、様々な防犯対策を行っています。デリヘル店の中にはデリヘル嬢を自宅に呼べるお店もありますが、シャワーやベッドがない部屋はNGとしているお店もありますし、盗撮のカメラを仕掛けた状態で待機される問題などもあり、そういった時代の変化と共に自宅禁止となったお店もあります。
自宅に入ってからそれらの問題に気づいた場合は、デリヘル嬢に電話をさせたり、帰ってくるよう指示していますが、気の小さいデリヘル嬢などは、男性と二人きりの雰囲気に飲まれ、または恐怖で言い出せず、サービスが終わった後も報復などを恐れてお店に報告することができず、泣き寝入りすることもあるので、予めデリヘル嬢のデリバリー先をホテルに限定することでそれらのトラブルを回避しているお店もあります。
二人きりの密室空間ですから、問題がおきてから対応するのでは遅いので、できるだけそういった不誠実な感情が芽生えないように、未然に防げるよう努力しています。デリヘル嬢が安心して働ける環境を作ることで、生き生きとした仕事ぶりを発揮できると考えるお店は多々ありますし、それを徹底することでデリヘル嬢のポテンシャルを引き出し、結果的に客の満足に繋げることは、優良店と呼ばれるお店には必須の条件となっています。デリヘル嬢も客も安心できる店作りができて初めて、勃ちもすれば濡れもするということを理解しているのでしょう。


TOP

Copyright © 2016 デリヘルをホテルで使う利点といえば心置き無く安全に遊べる点 All Rights Reserved.